NOW LOADING

0%

Kuribayashi Takumi

Videographer & Web creator

Works

list

  • PROJECT RIAL キャプチャ
  • PROJECT RIAL キャプチャ
  • PROJECT RIAL キャプチャ
  • PROJECT RIAL キャプチャ
  • PROJECT RIAL -竜崎情報考古学研究室-

    あらすじ:
    竜崎情報考古学研究室(Ryuzaki Informatics Archaelogy Laboratory:通称RIAL)は、時代ごとに蓄積されいつの間にか失われていくネットワーク上の電子情報に関しての記録・研究を行う機関。
    彼らはネットワークに溢れる情報を解析することでその時代の文化や風俗、人類の精神性を把握し、より良い未来を作るための糧とするためあらゆる手段で研究を行っています。

    今回彼らはこの2016年という時代を調査するため、あるWebサイトを立ち上げる。調査は順調に進むかと思われたが、どうやら研究員のひとりであるクリスには何か企みがあるようで…?

    解説:
    Webサイトを世界観の入り口として始まるモキュメンタリー的な作品です。視聴者自身をフィクション世界のひとりとするようなストーリーを作ることによって、インタラクティブな要素に物語的な必然性を持たせました。
    そのため起点となるWebサイトから始まり、そこから閲覧する映像、SNSへの誘導、SNS運用によるリアルタイム性、クライマックスでの現地撮影など、視聴媒体が次々と移り変わる構成となりました。
    自分としては自主制作映画を作る感覚でインタラクティブ映像を作ろうという意気込みでしたが、作り終わってみれば映像作品というよりは”リアル脱出ゲーム”のようなフィクションを疑似体験するコンテンツになりました。

    LINK: PROJECT RIAL

  • Story:
    "Ryuzaki Informatics Archaelogy Laboratory" is the institute that conducts research of electronic information on the network.
    They will understand, such as the age of the culture and customs by analyzing the information of the network. The research will become a resource for the future of humanity.

    They are in order to investigate this 2016 this time , launch a Web site. However, as will be the one of the researcher Chris there is something different plan...?

    Introduction:
    This work is a mockumentary specific work that begins with the Web site to the entrance.By incorporating the audience into the story, it was to have a narrative necessity to interactive elements.
    Therefore , this work is viewing media will transition one after another . It's Web site , SNS, video , such as the action in reality.
    I thought I'd make an interactive work in a position to make a movie. However, Come to complete the work, the work became a pseudo- experience content such as " realistic escape game".

    LINK: PROJECT RIAL

2016 / Planner & Design & Coding & Movie & Interactive

Work list